配色のお話

配色のお話

こんにちは、PLAISIR tokyo(プレジール トウキョウ)です。

『この色には何色が合いますか?』

これはよくお客様から頂く質問です。
結論からいいますと、

『何色でも合いますよ!』

です。

そうなんです。特に合わせてはいけない配色はありません(笑)

皆様、黒、白、グレー、ベージュ、茶、紺などは定番色として、そこに差し色をいれるのはわかりやすいと思いますが、

色×色

こちらになると途端に皆様、この質問をされます。
あまり大勢の方がやるわけではないので、お気持ちはわかります!
私もかつては、靴と鞄は同じ色でそろえて、、、鮮やかな色は1色であとはベーシックカラーで、など、固い掟を設けてガチガチにしておりました。

そんな私でしたが、今となっては
オレンジ✖︎グリーンなんて事も。

カラフルな模様のスカートなので、ベーシックカラーは勿論、ライラックでも、黄緑、ピンク、イエローetc….

どれを合わせても素敵です!

勿論、お似合いになる色や、好みは様々なので、全ての人にこんな配色をした方がいいよ!と啓蒙したい訳ではありません(笑)

ただ、私自身、いろんなファッションに触れ、オシャレだな、と思う方々の真似をしているうちに、必ずしもルールは必要ないと言う事に気が付きました。自分に素直に、身につけたいなぁ、と思う色を着てもいいのでは??
なんでもアリなのでは!!?

ハイ、

なんでもアリですよ!

ただ、
初めに正解がある訳ではなく、

正解は自分で作る

という事です。

この色とこの色を合わせれば正解、なのではなく、
どの色とどの色を合わせたいかな?
と、出発点を、私がどうしたいか、に変えて頂ければいいだけです!

私、カーキ苦手なんです。でも、好きなので着たいなぁ、って思いまして。。。少し工夫すれば、苦手なんてわからない雰囲気で着こなせたりもします。

全体のバランスや、その方にあった雰囲気、体型、など、なりたいイメージに合わせたコーディネートにする事は可能です。

その方が、あれはダメ、これはいい、と選択肢がどんどん狭くなるよりも、より豊かな人生になるのでは?と日々思っております!

同じアクセサリーやお洋服も、配色バランスを変えるだけでとても新鮮に着まわせたりします。

ちなみに私が配色の参考にしているのはズバリ、

自然と物語とアート

です。

ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、お花や食べ物、茜色の空。
何となく思い浮かぶ、心地良くなる景色ってありませんか?

大好きな小説や映画のワンシーン、音楽、絵画などもそうですね。

例えば青が好きな方ならこんな配色はいかがでしょうか?

夏の海(ブルーのグラデーションに砂浜のサンドベージュ、ヨットの赤がポツンと遠くに見える)
→小物を差し色で赤にするのはいかがですか?元気でカジュアルなトリコロールに!

青いお花からピンク、紫へとグラデーションになった花壇
→ブルー、ピンク、パープルで爽やかなグラデーションにまとめ、ネイビーや白の小物をチョイス!フェミニンな雰囲気。

ピカソの絵画
→シックな落ち着いたブルー。黒やグレーと合わせてクールな雰囲気に。

参照:パブロ・ピカソ作『青い裸体像』

これだけでも沢山の配色バランスが思い浮かびませんか?
こんな事を思い浮かべながら、自分だけのストーリーを作ってみませんか?

はじめてなので、迷うな、という方も、こんな色を使ってみたい!
だけでもお気軽にラインで相談をして下さい!一緒に、新しい配色探しの冒険に出発しませんか?

是非、自由な配色で、新しい自分を見つけて下さいね!

 

===========================

Les Georgettes(レジョルジェット),Les Néréides(レネレイド) 公式輸入販売店。コスチュームジュエリーの魅力を配信しております。東京に店舗もございます。